主夫フリーランスがブログやアフィリエイトでそこそこ稼ぐ方法や家事育児、そのほか日々のこと書いてます。

人生に行き詰まりを感じ大量の服を断捨離しミニマリストになってみた

人生に行き詰まりを感じ大量の服を断捨離しミニマリストになってみた

僕はもともと服がとても多かったんです。若かりし頃はアパレルショップでバイトしたこともあるくらい、ファッションが好きだったので、常に3段のクリアケースが4つはありました。

そんな僕が今年、思い切って服を処分。ちょっと減らす、というレベルではなく、クリアケースは小さい1段のものを2つだけ。そんな断捨離&ミニマリストへの目覚めについて書いてみます。

 

とにかく服や靴を大量に買い続けた20代〜30代前半

冒頭でも書いたとおり、僕はファッションが好きで服屋さんでも働いてました。服が好きと言っても高額なものを買うより、古着などでいろいろ買って楽しむタイプ。だから常にファッションアイテムが溢れかえっていました。

スニーカーにハマっていた頃は常に10足以上あったし、Tシャツは30枚近くありました。ジャケットやシャツなどもそれぞれ10着以上。タンスやクローゼットが常にぎゅうぎゅうでした。

そして、僕自身も35歳を前にして、頭の中がモヤモヤ、そしてぎゅうぎゅう詰めな行き詰まり感が漂ってたんですよね。

 

35歳の夏、突然すべて捨てたくなり一気に断捨離

今年(2018年)、僕は35歳。その誕生日のちょっと前、なぜだか急に服たちをすべて処分したくなったんですよね。人生に対する行き詰まりみたいなものを打破したかったのかも…。

「こんなに大量に服をもって、俺はどうしたいんだろう?場所ばっかり取るし。ミニマリスト的にできないもんか…」

そう思いたち、いったんすべての服を床に出してみました。もうとにかく多い。多すぎてヤバイ。精査する手間が無駄だと思い、すべてをリサイクルショップに持っていくことにしました。

 

まずGUに無地Tシャツとスニーカーを買いに行ってみた

すべてを処分するにあたり、中途半端に

「これは取っておこう」

みたいなことがしたくなかったので、先に近所のGUに無地Tシャツ(黒)を買いに行きました。ついでにGUの無地スニーカーもゲット。

4着1,000円くらいのパックTシャツを買い、早速着替えました。そしてそのまま、すべての服をビニール袋に詰めまくる。結局40リットルのビニール袋に5袋くらいになりました。

それらを車に積み込み、セカンドストリートという服も扱うリサイクルショップにGO!

 

服は2,000円程度、スニーカー類は3,000円…

ブランド物をほとんど着ないので、大量に持ち込んだ服は二束三文。記憶では2,000円にも満たなかったはず。このとき、僕はスニーカーとブーツもまとめて持ち込みました。そっちは3,000円ほど。ということで、ファッションアイテムたちは5,000円程度で旅立っていきました。

 

夏は無地Tシャツ4枚で過ごし、秋は長袖シャツ3枚で生活中

そんなこんなで2018年の夏は4枚のTシャツで過ごしました。最初はGUのパックTだったんですが、ちょっとシルエットなどが合わなかったので別な無地Tを購入。ネットで買える定番メーカーのもので1枚500円。いや〜、安いですね。笑

夏も無事に乗り越え、秋めいてきた現在はユニクロとGUで買ったリネンシャツ3枚で過ごしてます。今まで10枚以上も持ってたのがウソみたい。

 

ジャケットやコート類は6着程度に絞った

ジャケットやコートってついつい毎年買ってしまい、気がつくと15着くらいありました。きれいめのコートからダウンジャケットやらスタジャンやら…

そんな上着も思い切って処分し、黒系で統一。春や秋に着るような薄手〜ちょい厚手を3着、真冬に着るような厚手を3着、という感じで6着に絞りました。

 

選択肢を減らすと本当に人生が楽になる

毎日何を着るか悩む、それって服好きからすると楽しい時間なんですよね。あーでもないこーでもないって。僕はそれをやめる必要性を感じなかったんですが、いざ辞めてみると、もう楽で楽で仕方ありません。

ただ、毎日まったく同じ服装って面白くないなぁってのは正直感じます。そこで僕は2つだけこだわりを残しました。

 

パンツ類と帽子は捨てなかった

真正のミニマリストからすると邪道かもしれませんが、僕はパンツ類(ジーパンやカラーパンツ)は7枚くらい残しました。何故かと言うと、上に着る服はシンプルな無地ばかりを数着に絞ったので、パンツ類で遊ぼうかな、という感じ。

それと、帽子が大好きなのでかぶりものは断舎離しないことにしました。

僕の経験上、全体的なシルエットとかぶりもので十分オシャレ感って出せますし。

 

クローゼットがめっっちゃくちゃスッキリ!

これまではギュウギュウだったクローゼットが、今ではすっかすか。Tシャツとズボンはクリアケース、シャツやジャケットはハンガーでぶら下がってます。

そしてこの経験が僕の「ミニマリスト魂」に火をつけたのか、服以外のものや思考もシンプルでミニマルな方向に変わってきています。(ブログデザインもかなりシンプルにしました)

 

断捨離で生まれ変わるような感覚に

これまでもちょいちょいものを減らそうと断捨離的なことをしてましたが、ここまで大規模に処分したのは初めてで、精神的にもかなり切り替わった感があります。

特に、自分が10代からこだわってきた”ファッション”というものをバッサリと捨てたことで、まるっきり生まれ変わったような気分すらあります。だって、一時期は服屋さんを自分でやりたいなって思うくらい、ある意味で人生の一部でしたから。

35歳というのが個人的には大きな節目になった、そんな断捨離体験でした。

なんとなく人生に行き詰まりや閉塞感を感じている人は、思い切って自分の「1番のこだわり」を切り捨ててみると良いかもしれませんよ。

webデザイナーを経てIT系制作会社の代表取締役社長、かっこよく言えばCEOしてました。その後、思うところあってフリーランスのwebマーケターとして独立。
主夫として家事育児を楽しみつつ、ブログやミニサイトを運営中。どのサイトもアクセス数や規模は小さいですが、それぞれ5万円前後の収益。そこそこ稼ぎつつまったり生きてます。

ミニマリストカテゴリの最新記事